京葉食品機器 サイトトップへ  
  会社案内新規製造リサイクルお問い合わせ  
 
■ごあいさつ

 私たちは、豆腐、ゼリー、惣菜、水産加工物など、幅広い分野のカップシール機を主に製造しています。卓上で使用できる小型なカップシール機から大量生産能力をもつカップシール機まで、多種多様なカップシール機がそろってます。
既存のカップシールだけではなくお客様の必要とされている機能、能力等を兼ね備えたオーダーメイド的なカップシール機を製造することを信条にしています。
 また、お客様がご使用されている機種で違う形のカップシールを使用したい場合などの改造や、不要になった機種の買取をし、再加工してリサイクル品として販売するなども行っております(SRS)。

食品機械等の新規開発も積極的に行っております。是非、ご相談下さい。


■会社概要
会社名 株式会社 京葉食品機器
平成17年 10月より株式会社 ケーヨーマシナリーに変更
代表者 代表取締役 樫村 裕介
設立 昭和54年11月
資本金 2.000万円
従業員 12名
所在地 千葉県柏市豊四季945-773
    Tel:04-7147-8825 Fax:04-7147-8839
事業内容 ・包装機、包装資材の設計製作及び販売
・包装関連省力機器の設計、製作
・ボイラー、煮沸装置などの販売
取引銀行 京葉銀行南柏支店、亀有信用金庫松戸支店、

△このページのトップへ

■会社沿革
昭和54年11月
流山市鰭ヶ崎にボイラ及び食品機器の販売を
目的として設立
昭和55年12月
流山市古間木に移転
昭和57年7月
柏市豊四季に倉庫建設
昭和62年12月
流山市古間木に事務所、工場を建設
平成
平成元年1月
異型2型包装機発売
平成6年5月
新型包装機サーボシーラーを販売開始
平成7年3月
資本金1.000万円に増資
平成7年5月
サーボシーラー販売1年間で50台突破
平成8年2月
柏市豊四季に事務所、工場を移転
平成14年9月
SRS(サーボシーラーリサイクルシステム)開始
平成17年1月
資本金2.000万円に増資
平成17年10月 社名をケーヨーマシナリーに変更

△このページのトップへ

■経営理念
『私たちはすべての人の夢を大切にします。 
 「ひらめきとチャレンジ」が社会、顧客、社員の夢の実現に大きく貢献するものと確信し、
 すべての輝きに向けて邁進し、互いに必要とされ信頼される会社作りを目指します。』

△このページのトップへ

■アクセス

△このページのトップへ

 
 
Copyright (C) 2005 Keiyo Machinery Corporation. All Rights Reserved.
 
会社案内製品情報リサイクルお問合せトップ
【ケーヨーマシナリーは…!?】
ケーヨーマシナリーは、食品包装機のカップシール機を開発・販売している会社です。
卓上で使用できるものから大量生産能力を持つような多種多様のカップシール機を扱っております。
ケーヨーマシナリー独自の技術で開発されたサーボシーラーをはじめ、お客様のニーズを形にする会社です。
また、食品包装機の改造や、不要になったカップシール機の買い取りをし、再加工して販売するサーボシーラーリサイクルシステム(SRS)もあり、より多くのお客様のご要望にあった食品機械を製造しております。